セカンドオピニオンの必要性

最近、セカンドオピニオンといった言葉がよく聞かれるようになりました。
医者の見立てというのは、必ず同じことを言うとは限らず、場合によっては、別のお医者様の方が的確な病状、そして治療法を提案することもあるのです。
医者も人ですし経験値が違いますから、これは仕方がないともいえます。

そういったことからも、セカンドオピニオンは医療現場においては重要なものとなってきています。「別に医者に診てもらうなんて、失礼かな…」なんて心配する必要はありません。

セカンドオピニオンは、患者さんがより自分の病状を良く知り、改善するために必要な自分の権利です。
自分で決める権利、つまりはインフォームド・コンセントにより、患者さんがより満足しておこなえる治療となるのです。

もしも、通っている病院に対して、すこしでも不信感があるようであれば、より信頼できる病院に転院するのも一つの方法です。なぜなら、AGA治療は数年といった長い時間がかかることもあるので、信頼関係がなければ、安心して治療を続ける事はできないのです。

AGA治療以外の選択肢も

現在のAGA治療は、生きている毛根の働きを活発にするための治療です。つまり、毛根が死滅している箇所には効果がありません。毛根自体がない箇所へ髪の毛を生やすには、毛根自体を移植する植毛治療が必要になってきます。

しかし、植毛は既存の髪の毛を移植する治療なので、髪の毛が残っている箇所があることが前提となりますし、広範囲にわたって生やすには量的にも金銭的にもあまり向いておりません。

広範囲の薄毛部分に毛根を移植するには、わずかな毛根を増殖させ、移植する毛髪再生医療を行う必要がありますが、未だ研究段階で実用化されてはおりません。

では、広範囲に毛根が死んでしまっている進行した薄毛は治療することができないのでしょうか?AGA治療や植毛で対策が難しい薄毛には、増毛という手段があります。根本的な治療ではありませんが、薄毛ではない自分になれるという意味で薄毛対策として多くの方が活用しています。

要はかつらですが、現在は普通に生活していても気付かないような精巧な増毛技術が生まれています。髪が伸びるように段階的に毛量を増やすことも可能です。治療は生えるまでに時間がかかりますが、増毛はすぐに自分の理想の髪型を手にすることができるというメリットもあります。

アデランスやアートネイチャーなどが有名ですが、最近ではドイツ発の増毛技術を用いたスヴェンソンの増毛などが人気を集めています。

AGA治療で思うように結果が出ない方は治療だけでなく、増毛といった薄毛対策も視野に入れて、どの方法が自分の薄毛に対するストレスを軽減してくれるかを考えてみることをオススメします。

スヴェンソンの増毛

Copyright(c) 2015 AGA病院の選び方 All Rights Reserved.